五反田のピンクエステ【女遊】に凸 その2













黒パンストの呪い

以前にも書いたと記憶してますが、メンズエステで遊ぶ場合はパックン付きのほぼピンクの店が好みです。


その手の店を基準的な価格で選ぼうとすると嬢の年齢は高めになってくる。

年を重ねてルックスだけでは勝負できなくなった嬢は自然とサービスでの差別化を図る。
ハードエロを武器にすることもあれば、人妻妻系エステ店に職場を移してマッサージを武器にすることもあるのだ。


渋谷品川のデリ&パンストマッサージをキャッチコピーにする【女遊】もそのような嬢の年齢高めの人妻系エステ店である。

料金は70分で18,000円。
交通費やネット指名料も込みで考えると人妻系での平均的な価格。
これでマッサージとまっぱでのパックン付きピンクサービスが体験できる。

マッサージで癒された上に、ハァハァも楽しめる。
本当にこのサービス形態は1つの完成形であるといつも思う。


話を元に戻す。


女遊のサービスを特徴的にしているのはノーパン&パンスト嬢からサービスを受けられる点にある。

世の中の男性の80%はパンストが大好きで、残りの20%は男性が好きな人である。
つまり女好きなら、誰もがパンストを破ったり、パンストを履いたままハメたり、勢い余ってパンスト食べちゃおうとしてしまうのだ。

{1D4590D8-87FE-4F3E-A1E5-FAEA616892C1:01}



このサービス内容初めて知った時は、すごいサービスを考えたものだと興奮もあって、プルプルと感心した。
小生も何度か勢い余ってパンストを食べちゃおうとした男の1人なので、女遊に凸するのにそんなに時間はかからなかった。



そして、プロフに元モデルとあった35歳のCCガールズ風を黒いパンスト指定でネット指名したのだが、渋谷のラブホに現れたのはプロフ+15歳くらいのスーパーでネギ持ってウロウロしてそうなおばさん。


ガッカリはしたが、今回は一味違う!
ルックスが残念でも、食べちゃうほど大好きな黒いパンストをノーパンに装備した人妻と遊べれるのだ。

が、しかしおばさんが持ってきたのはベージュのパンスト…
受付のおっさんのミスらしいのでおばさんは恨めないが…
おばさん、痛恨の一撃だよ…


あまりにがっかりした小生を見かねて、おばさんは履いてきた私物の黒タイツをノーパンで履いてくれた。
しかし、黒タイツは冷え性の50女の下半身を温めることはできても小生のハートを温めることはできない。

黒タイツは生地が厚すぎて生地ごしに観音さまを拝むことはできないし、手触りもゴワゴワしてて滑らかなパンストの手触りとは雲泥の差。


そのあとの時間をどう過ごしたかは記憶にないが、嬢のプロフ写真のパネマジ度が尋常でないことだけは記憶に刻んだ。


【女遊】は所属する嬢が多そうなので、良い嬢にあたるまでトライすることもできる。
でも、いまはまだトラウマが生々しいので時間空けさせてくだせい。


これが人妻系の怖さです。




◆ランキングに参加しています。
ブログ更新のモチベーション向上のため、
どうぞクリックをお願いします!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
良いエステ・ヤレるエステのリアルタイム情報はtwitterフォロー下さい。
@esthelions3
ブログパーツ
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

esthelions

Author:esthelions
東京を中心に、いいエステ、やれるエステの調査を行う、エステとピンク系全般を愛するおっさんの皮をかぶったライオン。


ピンク、健全、箱系、出張系とジャンルにはこだわらず日々、冒険心に突き動かされるがまま探検を続けています。

好きなwebサイトはエステナビ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR